ブログを始めて9年4ヶ月。営巣中の写真や、ストロボを使った写真、餌付けや環境改変が見られる写真については、すべての投稿部門で受け付けておりません。

クールチョイス環境セミナー

1. お天気にみる地球温暖化

等圧線が斜めなら西よりの風。
等圧線が縦なら北よりの風。

等圧線の間隔が広いと風は弱い。          
北海道にかかる等圧線が4本で吹雪。6本以上で暴風雪。

北海道には気候多様性が存在。
 ・天候特性の地域差が大きい。
 ・東北~九州の気温差に相当。

北海道の固有種約70種。

地球温暖化 ・・・ 地球のバランスが崩れる。
オホーツク海の流氷が年々減少。
観測史上新記録更新が増えてきた。
毎年どこかで観測史上記録的大雪が発生。             
気温差が広がる → 低気圧の発達。

温暖化で北海道の冬が寒冷化?
 北極の表面積が減少 → 気圧配置が変化 → 北海道に寒気が流れやすくなる。
                                         
24時間で24hpa以上低下 = 爆弾低気圧

異常気象 = 30年間に1~2度の割合で発生。
異常気象は地球の悲鳴。
異常と騒ぎすぎると本当の異常を見逃しかねない。
 
過去の経験に基づいた防災対策は役に立たない。
昔大丈夫だった地域や場所も被災に合う時代になっている。

温暖化・環境対策をしながら北海道の活性化を。
迷ったらクールチョイス(賢い選択)。

クールチョイス
ウォームビズ」暖房に頼りすぎない冬の過ごし方
省エネ住宅」人と環境にやさしい住まいを選択
照明の効率化」知って節電 賢いあかり計画
省エネ機器」節電のために買い換え・活用
低炭素物流」宅配の再配達を減らそう
公共交通」出かけるときは移動もエコに
エコカー」環境とお財布にやさしい車えらび
エコドライブ」燃費UPとCO2削減に役立つ運転術


2. 家庭のCO2を上手に減らす方法

我慢する節約でなく、無駄をなくす意識。

日本のCO2排出量削減目標 ・・・ 2013年度比25%削減。家庭部門は約4割の削減を公約。

家庭部門での削減の4つの柱
  住宅性能の向上
  省エネ機器の導入
  エネルギーの見える化・マネジメント
  国民意識の啓蒙

北海道の世帯当たりのCO2排出量 = 5.28t (全国 = 3.49t)
北海道の石油・ガソリンの使用量 = 6.8t (全国平均の1.4倍)
 → 40%の削減には2.7tの削減が必要。

全部の電球を一気に換えたらお金がかかる。→ 電球が切れたらLEDに換えれば良い。
手洗い・食器洗いのお湯は40℃でなく30℃で良い。
トイレの便座 … 夏場は止める。温度を低めにする。蓋を閉める。
古い家電は早めに買い替える。テレビ、冷蔵庫の省エネは進んでいる。
待機電力は意外と大きい。
ワットモニターで電力量、電気料金が見られる。     
充電していない時の充電器を抜く。コンセントを抜くのが面倒なら節電タップを利用。
お風呂のシャワーに無駄が多い(出しすぎ、流しっぱなし)。男は女の2倍との調査結果もある。

化石燃料の中で天然ガスが一番クリーンなエネルギー。
分散型発電の普及でCO2は減らせる。
電源が何かを考えて電力会社を選ぼう。

家庭エコ診断制度うちエコ診断
 ①事前アンケート  ②エネルギー消費状況の把握  ③CO2排出削減目標
 ④分野別対策検討  ⑤診断レポートのお渡し  ⑥節電の実践  ⑦事後アンケート
            ↓
 お住まいの地域でのランキングが分かる。
 平均CO21.7t/年、光熱費76400円/年削減。
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。

犬のしつけ教室

災害時に役立つ犬のしつけ

最近の引き取り依頼の傾向
 ・犬の問題行動による引き取り依頼は少なくなってきている。
 ・飼い主が病気のためによる引き取り依頼が多くなってきている。


災害が起きた時の心がけ
 ・周りへの配慮
 ・3日間以上の餌、水、タオル、廃棄物処理用の袋の準備
 ・日常から教育を行っておくこと
 ・車に乗って避難 ← ハウストレーニングが必要


飼い主の手のかけ方で犬の良し悪しが決まる。
犬に伝える気持ちが大事。
しつけをすることで、キャンプ場やホテルでも一緒に泊まれるし、より良い生活を送れる。
普段はペットフードだけ与え、しつけやトレーニングでよくできた時にだけおやつをあげる。
毎日5分でもトレーニングすること。
犬は手がかかるもの。そこを煙たがると犬はとても飼えない。
ペットショップの店員はプロに見えるかもしれないが素人。トレーナー、訓練士などに相談すると良い。
ネットの情報に惑わされないように。


・犬任せに散歩している ← 自分の指示に従うように自分がリードする。
・来客に吠える ← 来客から遠ざけることで興奮を落ち着かせる。
・反射的に吠える犬もいる ← ハウスの中で興奮を落ち着かせる。
・雷で興奮している状態で抱っこすると、興奮すると抱っこしてもらえると思われる。
・人の住居スペースと犬の住居スペースを分ける。人の住居スペースでは人に合わせるよう教える。


フレンドリードッグテスト
〇スワレができるか。
〇試験官に触らせられるか。
〇回ったり曲がったり、横について歩けるか。
〇離れてマテができるか。
〇呼んで来るか。
〇ハウスに入れるか。(普段使っているキャリーバッグを持って行った方が良い)

→ 人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>
 
クリックで救える命がある。

千歳鶴の仕込水(北海道札幌市)

仕込水1

仕込水2

仕込水3

仕込水4

仕込水5

仕込水6
 
クリックで救える命がある。

和風パスタMK-4

材料
スパゲッティ(イタリア産/デュラムセモリナ)
塩(瀬戸内海産)
オリーブオイル(トルコ産)
醤油(小豆島産)
みりん(国内産/三州味醂)

ショウガ(高知県産)
ニンニク(中国産)
コショウ(スリランカ産)
タマネギ(新篠津村産)
アオサノリ(香川県産)
真タラコ(北海道産)
ホンビノスガイ(千葉県産)
カキ(広島県産)

作り方
1. 鍋に水1.5ℓと塩15gを入れ、火にかける。
2. ホンビノスガイとカキを軽く水洗いし、水気を切る。
3. ショウガとニンニクをみじん切りにする。
4. タマネギを薄切りにし、オリーブオイルで炒める。
5. タマネギがしんなりしてきたら、3とコショウを加える。
6. 鍋の水が沸騰したら、スパゲッティ150gを入れる。
7. 麺が柔らかくなって全部お湯に浸ったら、麺を軽く掻き混ぜて、鍋の蓋を閉めて火を止める。
   茹で時間の1分前に、麺を上げるようにする。
8. 2をフライパンに加える。
9. 貝に火が通ってきたら、真タラコ、醤油大さじ3、みりん大さじ2を加える。
10. 茹で上がった麺とアオサノリを加えて絡める。

pasta.jpg
 
クリックで救える命がある。

おからとそば粉の和風ホットケーキ

材料
おから(北海道産)
そば粉(北海道産)
小麦粉(北海道産)
オリーブオイル(スペイン産)
小豆(北海道産)
砂糖(ブラジル産)

作り方
1. 小豆200gを660mlの水で茹でる。
2. 小豆が柔らかくなったら、砂糖100gを加えて弱火で煮る。
3. また砂糖100gを加える。
4. おから60g、そば粉50g、小麦粉50g、水200mlを混ぜる。
5. フライパンにオリーブオイルを敷き、4を流して焼く。
6. ひっくり返して焼く。
7. 皿に乗せ、ぜんざいと一緒に食べる。

P1660813.jpg
汁もかけるとよりおいしい。
 
クリックで救える命がある。

おからの煮物

材料
おから(北海道産)
ゴボウ(北海道産)
レンコン(熊本県産)
ニンジン(北海道産)

オリーブオイル(スペイン産)
醤油(小豆島産)
みりん(国内産/三州味醂)
砂糖(ブラジル産)
干しシイタケ(諸塚村産/霧六峰)
利尻昆布(利尻島産)

作り方
1. 干しシイタケと利尻昆布でだし汁を250ml作る。
2. ゴボウとレンコンを切り、水に漬けてアクを抜く。
3. ニンジンを切る。
4. オリーブオイルを鍋に入れて熱し、2と3を3分炒める。
5. 1、おから300g、オリーブオイル大さじ6、醤油大さじ3、みりん大さじ3、砂糖大さじ3を加え、混ぜる。
6. 弱火で混ぜながら6分火を通す。

P1660809.jpg
薄味でしっとりしている。
 
クリックで救える命がある。

セアカオサムシ

Hemicarabus tuberculosus
1セアカオサムシ1

1セアカオサムシ2

1セアカオサムシ3

1セアカオサムシ4

1セアカオサムシ5

1セアカオサムシ6

1セアカオサムシ7
 
クリックで救える命がある。

ツチカメムシ

Macroscytus japonensis
1ツチカメムシ1

1ツチカメムシ2

1ツチカメムシ3
 
クリックで救える命がある。

ヤマクロヤマアリ

Formica lemani
ヤマクロヤマアリ1

ヤマクロヤマアリ2

ヤマクロヤマアリ3

ヤマクロヤマアリ4
 
クリックで救える命がある。

スジカミキリモドキ

Chrysarthia viatica
1スジカミキリモドキ1

1スジカミキリモドキ2

1スジカミキリモドキ3

1スジカミキリモドキ4

1スジカミキリモドキ5

1スジカミキリモドキ6
 
クリックで救える命がある。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて9年4ヶ月。営巣中の写真や、ストロボを使った写真、餌付けや環境改変が見られる写真については、すべての投稿部門で受け付けておりません。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
u_o_s_b_107_1.jpg u_o_s_b_107_1.jpg 動物の愛護と適切な管理
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR