ブログを始めて7年7ヶ月。責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

サツマイモとカブの柚子蜂蜜煮

材料
サツマイモ(西原村産)
カブ(熊本市産)
利尻昆布(北海道産)
柚子(熊本県産)
アカシア蜂蜜(イタリア産)

作り方
1. 柚子の実をちぎって、蜂蜜に1週間漬けておく。
2. 昆布を水に6時間漬けて出汁をとる。
3. サツマイモとカブを大きめに切る。
4. 出汁、サツマイモ、カブと、蜂蜜を柚子の実ごと鍋に入れる。
5. 強火で煮る。

P1300007_convert_20120130195418.jpg
酸味の加わった蜂蜜、甘くなった柚子。イモやカブに味がしみて美味しい。デザートとして食べても良い。
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。

ヤマメ

Oncorhynchus masou ssp. masou
福岡県レッドリスト天然不明、環境省レッドリスト準絶滅危惧
hi3d1_convert_20120129223914.jpg
 夏でも水温が20℃以下の渓流に生息する。体側の暗色の模様(パーマーク)が特徴。川で一生を過ごすものをヤマメ、川を下って海で成長し戻ってくるものをサクラマスと呼んで区別しているめ。
hi3d2_convert_20120129223932.jpg

hi3d3_convert_20120129223948.jpg

hi3d4_convert_20120129224006.jpg

hi3d5_convert_20120129224024.jpg

hi3d6_convert_20120129224040.jpg
 
クリックで救える命がある。

ヤマトシマドジョウ

Cobitis matsubarae
環境省レッドリスト絶滅危惧2類
jvxjv1_convert_20120129221554_20120129221719.jpg
全長約13cm、ドジョウと同じ体型。口から砂を飲み込んで餌を食べ、砂はえらぶたから吐き出すじょー。
jvxjv2_convert_20120129221642.jpg

jvxjv3_convert_20120129221659.jpg

jvxjv4_convert_20120129221741.jpg

jvxjv5_convert_20120129221803.jpg

jvxjv6_convert_20120129221821.jpg
 
クリックで救える命がある。

くまもと「水」検定1級試験結果

P1280026・㍉convert_20120128204812

P1280029f_convert_20120128204830.jpg

P1280031・祇convert_20120128204846
 
クリックで救える命がある。

ヤマアカガエル(成体)

Rana ornativentris
熊本県レッドリスト準絶滅危惧
P1190001.jpg

P1190005_convert_20120127190708.jpg

P1190007_convert_20120127190750.jpg

P1190009_convert_20120127190914.jpg

P1190012_convert_20120127190932.jpg

P1190018_convert_20120127191057.jpg

P1190021_convert_20120127191217.jpg

P1190028_convert_20120127191237.jpg

P1190031_convert_20120127191357.jpg

P1190033_convert_20120127191519.jpg

P1190037_convert_20120127191636.jpg

P1190042_convert_20120127191800.jpg

→ 幼生
 
クリックで救える命がある。

伊倉南八幡宮の大樟(熊本県玉名市)

玉名市指定天然記念物 昭和46年1月11日指定
P12401_convert_20120126144530.jpg

P12402_convert_20120126144614.jpg

P12403_convert_20120126144648.jpg

P12404_convert_20120126144725.jpg

P12405_convert_20120126144801.jpg

P12406_convert_20120126144836.jpg

P12407_convert_20120126144909.jpg

P12408_convert_20120126144946.jpg

P12409_convert_20120126145024.jpg

P124010_convert_20120126145056.jpg

P124011_convert_20120126145115.jpg
 
クリックで救える命がある。

食品と放射性物質について考える

☫ 放射線、放射性物質について

 未知のもの、見えないものについては恐ろしいもの、不安なものに思う → 知ることが重要。

 放射線 = 物質を通過する高速の粒子、高いエネルギーの電磁波。
 不安定な原子核が安定になろうとする → 放射線を放出して安定になる。
dfv1.jpg

 <外部被曝> 線量率(mSv/時)× 被曝した時間(時) = ミリシーベルト(mSv)
 <内部被曝> ベクレル(Bq)× 実効線量係数 = ミリシーベルト(mSv)
 ベクレル = 放射線を出す能力の強さ。
 シーベルト = 人体への影響。
 実効線量係数 = 放射性物質を摂取後50年間(子供は70歳まで)に、体内に滞留している時間、
            臓器の感受性等を計算して求め、放射性物質の種類・摂取経路・年齢区分ごとに
            設定する。
dfv2.jpg
 成人が1kg当たり500ベクレルのセシウム137を含む食品を1kg食べた場合の、人体影響の程度
  (500ベクレル/kg × 1kg)× 0.000013 = 0.0065ミリシーベルト

dfv3_convert_20120126124253.jpg
dfv4_convert_20120126124820.jpg

❆ 食品安全委員会のリスク評価

 一定以上の放射性物質を含む食品を食用に回させない仕組み。

 ①食品の暫定規制値の設定(食品衛生法)
dfv5_convert_20120126125901.jpg
   自治体で検査 → 暫定規制値を超える食品の販売の禁止

 ②一部地域・一部食品の出荷制限・摂取制限の指示(原子力災害対策特別措置法)
   対策本部長(総理大臣)から都道府県知事に指示 → 暫定規制値が安定的に下回れば制限解除
dfv6_convert_20120126130634.jpg

(1)リスク評価
   国内外の放射線の健康影響に関する3300の文献。
    (UNSCEARの報告書・引用文献、ICRP・WHOの公表資料...)
    → 被曝線量の推定が信頼に足るか、調査研究手法が適切か、などを精査。
    → 外部被曝を含む疫学データも用いて検討。

   ・高線量域においては科学的知見としてデータがある。
   ・低線量域においてはデータがなく、仮定のモデルは示されているが検証は困難。
     → 被爆者の実際の疫学データに基づいて判断する。

(2)基礎となった疫学データ
   ۞自然放射線量が高いインドの地域(累積線量500mSv<)
    ・発ガンリスクの増加が見られなかった。

   ۞広島・長崎の被曝者
    ・白血病による死亡リスクは200mSv以上で上昇、200mSv未満で差はなかった。
    ・固形ガンによる死亡リスクは被曝線量0~125mSvの集団では高くなることが確かめられたが、
    0~100mSvの集団では確かめられなかった。

   ۞チェルノブイリ原発事故
    ・小児に白血病のリスクが増加したとする報告、被曝時に低年齢であるほど甲状腺ガンの
    リスクが高いとする報告は、線量の推定に不明確な点があった。
    ・胎児が1000mSv以上の被曝により精神遅滞が見られ、500mSv以下では健康影響は
    認められなかった。

(3)リスク評価の結果
    ◇自然放射線・医療被曝を除いた、生涯の累積線量がおおよそ100mSv以上で影響が出る
    可能性が高まる
    ◇小児は成人よりも、甲状腺ガンや白血病になりやすい可能性がある
    ◇自然放射線や放射線以外の影響と区別できないので、100mSv以下の健康影響について
    言及することは困難

(4)実際の線量の推計
    食品中の放射性物質のモニタリング検査で得られた8月末までのデータ食品摂取量のデータ
     → 年齢階層ごとに事故以降の食品由来の年間被曝線量を推計。
     → 追加の被曝線量は中央値で0.1mSv/年、上位10%値で0.2mSv/年であると評価。
   dfv7.jpg

✜ 厚生労働省のリスク管理

dfv8_convert_20120126135801.jpg

新たな規制値案
dfv9_convert_20120126140511.jpg
 ❧飲料水
   WHOの基準 → 年間線量0.1mSv、規制値10Bq/kgとする。

 ❧一般食品
   ①セシウム134・セシウム137・ストロンチウム90・ルテニウム106・プルトニウム
    からの線量が合計1mSv/年を超えないように、セシウムとの比率を算出し、
    セシウムの規制値を設定。

   ②合計1mSv/年から飲料水の線量を引く → 1mSv/年 - 0.1mSv/年 = 0.9mSv/年

   ③年齢区分別の摂取量と換算係数を考慮し、限度値を算出。
dfv10_convert_20120126141334.jpg
 ❧乳児用食品・牛乳
   子供への配慮が必要。
    → 流通する食品の全てが汚染されていたとしても影響のない値を規制値とする。
    → 一般食品の規制値の半分である50 Bq/kgに設定。

 ❧製造食品・加工食品
   (1)原材料を乾燥させ、水戻しを行い、食べる食品
      ・原材料の状態、水戻しを行って食べる状態、それぞれで一般食品の基準値を適用。

   (2)原材料を乾燥させ、そのまま食べる食品
      ・原材料の状態、製造加工して乾燥した状態、それぞれで一般食品の基準値を適用。

   (3)茶
      ・製造加工後、飲む状態で飲料水の基準値を適用。

   (4)油
      ・原料から抽出した油の状態で一般食品の基準値を適用。

   (5)その他
      ・原材料の状態、製造加工された状態、それぞれで一般食品の基準値を適用。
 
クリックで救える命がある。

マガモ 1

Anas platyrhynchosssp. platyrhynchos
dfbsdf1_convert_20120125230946.jpg

dfbsdf2_convert_20120125231036.jpg

dfbsdf3_convert_20120125231120.jpg

dfbsdf4_convert_20120125231202.jpg

dfbsdf5_convert_20120125231238.jpg

dfbsdf6_convert_20120125231315.jpg

dfbsdf7_convert_20120125231351.jpg

dfbsdf9_convert_20120125231444.jpg

→ 2
 
クリックで救える命がある。

der Lauch 4

クリックで救える命がある。

日本のいい川シンポジウム&講習会

~川の営みを活かした川づくり~

 「多自然川づくり」をすべての川づくりの基本として、「多自然川づくり研究会」では、その技術、手法について研究し提案してきました。日本のいい川シンポジウムでは、その提案や技術的な指針等をもとに、住民、行政、企業等の参加による議論を重ねています。
 今回のシンポジウムは、2011年10月に刊行された「多自然川づくりポイントブックⅢ・中小河川に関する河道計画の技術基準;解説」を受け、「川の営みを活かした川づくり」を住民との協働により進めていくための実践に向けた議論を行いたいと思います。是非、ご参加くださいたいと思え。

日時 : 2012年3月3日(土) 13:00~18:00
場所 : 発明会館 地下ホール (東京都港区虎ノ門2-9-14)
内容 :  (ポスターセッション 12:10~12:50)
     講演「日本のいい川と風景」
     報告「多自然川づくりの展開に向けて」
        「東日本大震災を受けて、川づくりはどう変わるか? ~つながりの再生を求めて!」
     多自然川づくり事例報告
     全体討論「多自然川づくりの思想と技術」
           「多自然川づくりをどう普及させるか」
      (懇親会 18:20~20:00 会費制)
定員 : 250名
参加費 : 500円
お申し込み : NPO法人全国水環境交流会
         FAX/03-5772-1608、E-mail/mizukan@mizukan.or.jp
お問い合わせ : NPO法人全国水環境交流会
          TEL/03-3408-2466、FAX/03-5772-1608、
          E-mail/mizukan@mizukan.or.jp
 
クリックで救える命がある。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて7年7ヶ月。
責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR