ブログを始めて7年9ヶ月。 今後、何か指摘があれば、政府としてはその都度、真摯に説明責任を果たしてまいります。国会の開会・閉会にかかわらず、政府としては今後とも分かりやすく説明していく。その努力を積み重ねていく考えであ

オオハンゴンソウ

Rudbeckia laciniata
1オオハンゴンソウ1
北海道ブルーリストA2
1オオハンゴンソウ2
環境省指定特定外来生物
1オオハンゴンソウ3
北アメリカ原産で、国内へは明治中期に観賞用に導入され、緑化用としても利用され全国に広がった。
1オオハンゴンソウ4
高さ0.5~3m程度になる多年生草本で、路傍、湿原、河川敷などに生育する。
1オオハンゴンソウ5
やや湿った土地に生育することが多く、横に走る地下茎から茎を密に出して大群落になる。
1オオハンゴンソウ6
開花期は7~10月。
1オオハンゴンソウ7

1オオハンゴンソウ8

1オオハンゴンソウ9

1オオハンゴンソウ10
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。

ホコリタケ

Lycoperdon perlatum
1ホコリタケ1

1ホコリタケ2

1ホコリタケ3

1ホコリタケ4
 
クリックで救える命がある。

アイシメジ

Tricholoma sejunctum
1アイシメジ1

1アイシメジ2

1アイシメジ3

1アイシメジ4

1アイシメジ5

1アイシメジ6

1アイシメジ7

1アイシメジ8
 
クリックで救える命がある。

アカモミタケ

Lactarius laeticolorus
1アカモミタケ1

1アカモミタケ2
 
クリックで救える命がある。

霊長類学・ワイルドライフサイエンス・東京フォーラム

フィールドと動物園をつなぐ:野生動物と人間の共存に向けて

日時 : 2014年10月4日(土) 13:30~16:30
場所 : 日本科学未来館 7F 未来館ホール (東京都江東区青海2-3-6)
内容 : 講演「野生動物の生息地をミュージアムに:オープンフィールド博物館の試み」
        「類人猿の知性をさぐる:実験室からアフリカの森へ」
        「フィールドとつながる動物園・日本モンキーセンターの新たな挑戦」
定員 : 300名
参加費 : 無料
お申し込み : 不要
お問い合わせ : 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院支援室
           TEL/075-771-4393

本フォーラムのみの参加の場合は、日本科学未来館への入場料は不要です。科学未来館の展示見学をご希望の場合は、別途入場券をお買い求めください。
 
クリックで救える命がある。

三番瀬ミーティング

 三番瀬は、浦安市・市川市・船橋市・習志野市の東京湾沿いに広がる約1,800ヘクタールの貴重な干潟・浅海域です。
 県では、三番瀬の再生について、地元住民、漁業関係者、環境保護団体などから広く意見を伺うことを目的として、「三番瀬ミーティング」を開催し、東京湾の沿岸災害に関する講演や参加者による意見交換会を行います。

日時 : 2014年10月25日 (土) 14:00~16:30
場所 : 浦安市中央公民館 4階 大集会室 (千葉県浦安市猫実4-18-1)
内容 : 講演「東京湾の沿岸災害と湾奥の津波・高潮リスク」
     参加者の意見交換会
定員 : 先着100名
お申し込み : 不要(当日受付13:30~)
お問い合わせ : 千葉県環境生活部環境政策課三番瀬再生推進班
           TEL/043-223-2439
 
クリックで救える命がある。

第27回全国なぎさシンポジウムin高知

「高知家」でなぎさの未来を考える ~ずーっと見ていたいなぎさの風景~

日時 : 2014年11月6日(木) 13:00~17:00
場所 : 高知県立県民文化ホール「グリーン」 (高知県高知市本町4丁目3-30)
内容 : 人と海のより良い関係を築くため、人と海の接点である「なぎさ」をテーマに意見交換し、その役割
    と大切さを再認識することを目的として全国各地で開催されています。
     第27回目を迎える「全国なぎさシンポジウムin高知」では、海からの恵みを受ける一方で、自然
    災害の大きな脅威にもたらされている高知県において、防災、環境、利用、観光などの様々な視点
    から、これからの「なぎさ」未来について考えます。
入場料 : 無料
お申し込み : 不要
お問い合わせ : 全国なぎさシンポジウムin高知実行委員会事務局 (高知県土木部港湾・海岸課 内)
           TEL/088-823-9887、FAX/088-823-9657、
           E-mail/175001@ken.pref.kochi.lg.jp
 
クリックで救える命がある。

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

日時 : 2014年10月25日(土) 13:00~17:00
場所 : 高知工科大学 講堂 (高知県香美市土佐山田町宮ノ口185)
内容 : ハンターによるテーマトーク「ハンターになるために」
     狩猟ワークショップブース「ハンターが使う狩猟具の紹介」
                     「ハンティング模擬体験」
                     「狩猟免許取得の相談コーナー」
                     「野生鳥獣のお肉(ジビエ)料理試食」
     若手ハンターのトークセッション「狩猟の魅力」
参加費 : 無料
お申し込み : 不要
お問い合わせ : 高知県産業振興推進部鳥獣対策課
           TEL/088-823-9039、FAX/088-823-9526、
           E-mail/121601@ken.pref.kochi.lg.jp
 
クリックで救える命がある。

コブハサミムシ ♂ 2

Anechura harmandi
アルマン型
41コブハサミムシ ♂1

41コブハサミムシ ♂2

41コブハサミムシ ♂3

41コブハサミムシ ♂4

41コブハサミムシ ♂5

41コブハサミムシ ♂6

→ 1
 
クリックで救える命がある。

太陽光発電普及セミナー

エネルギーの地産地消! エネルギーを考えることは、地域を考えること。

 全国各地で「ご当地電力」が誕生し、そのネットワークづくりも進んでいます。
 再生可能エネルギーへの注目度は年々高まっており、住宅等への太陽光パネル設置も増加していますが、それに伴いトラブルがあるのも事実です。
 セミナーを通じ、地域として、住民として、個人として、何ができるのか、そして何に気をつけるべきなのか、一緒に考えてみませんか?

日時 : 2014年10月3日(金) 13:30~16:00
場所 : ホテルさっぽろ芸文館 (北海道札幌市中央区北1条西12丁目)
内容 : 「地域資源を活かした再生可能エネルギーがつくる未来」
     「みんなの力で自然エネルギーを! 市民発の実践事例と私たちにできること」
     「積雪地における太陽光発電システム施工の事例とポイント」
     「太陽光発電販売よくあるトラブルと防止策について」
     「太陽光発電普及の取り組み」
定員 : 100名
参加費 : 無料
お申し込み : 札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー普及推進課
         FAX/011-218-5108、E-mail/kan.matching@city.sapporo.jp
         申込書(WORD、PDF)
お問い合わせ : 札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー普及推進課新エネ推進係
           TEL/011-211-2872、FAX/011-218-5108
 
クリックで救える命がある。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて7年9ヶ月。
今後、何か指摘があれば、政府としてはその都度、真摯に説明責任を果たしてまいります。国会の開会・閉会にかかわらず、政府としては今後とも分かりやすく説明していく。その努力を積み重ねていく考えであります。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR