ブログを始めて7年7ヶ月。責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラム2016

 「江戸のみどり復活事業」とは、生物多様性を回復させる取り組みの一つとして、東京都と先駆的な在来種植栽を行っている企業が連携し、実際の植栽地をフィールドとして活用しながら、在来種植栽の管理方法や効果的な普及啓発策等を多角的に検討する事業です。
 本フォーラムでは、事業成果を報告するとともに、在来種植栽という新たな緑化が持つ今後の可能性について幅広い視点で議論します。

日時 : 2016年1月27日(水) 14:00~17:00
場所 : 牛込箪笥区民ホール (東京都新宿区箪笥町15番地)
内容 : 基調講演「生命を育む都市の生態系の新たな展望」
     成果報告「東京の新たな都市緑化を目指して」
     パネルディスカッション「在来種植栽の実際 ~現場から見えたもの~」
定員 : 330名
参加費 : 無料
お申し込み : 株式会社セルコ
         FAX/03-3409-3862、E-mail/MLzairai@ml.serco.co.jp
         催し名「在来種植栽フォーラム2016」、参加者全員の氏名・ふりがな、代表者の連絡先
         (TEL、FAX、E-mail)を明記。 
         2016年1月20日(水)まで
お問い合わせ : 東京都環境局自然環境部計画課
           TEL/03-5388-3548
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。

食品に関するリスクコミュニケーション「輸入食品の安全性確保に関する意見交換会」

日時 : 2016年1月26日(火) 13:30~16:30
場所 : CIVI研修センター新大阪東E5Hall (大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号)
お申し込み : 申込フォーム
         2016年1月15日(金)必着

日時 : 2016年2月1日(月) 13:30~16:30
場所 : ビジョンセンター東京5F VisionHall (東京都中央区八重洲2-3-14)
お申し込み : 2016年1月15日(金)必着

内容 : 輸入食品の安全性確保について
     検疫所における輸入食品の安全性確保の取り組み
     企業における品質保証の取り組み
     消費者から見た輸入食品
     意見交換・質疑応答
定員 : 200名
お問い合わせ : 「食品に関するリスクコミュニケーション」 運営事務局
           TEL/03-5549-6912、E-mail/s-riskcom@intergroup.co.jp
 
クリックで救える命がある。

シンポジウム「地域から考える気候変動問題 ~将来の影響に「適応」するためにin熊本~」

 我が国において、気温や水温の上昇、降水日数の減少などに伴い、農作物の収量の変化や品質の低下、漁獲量の変化、動植物の分布域の変化やサンゴの白化、さくらの開花の早期化などの気候変動による影響がすでに現れています。
 今後どのような温暖化対策を取ったとしても日本の将来の平均気温は上昇し、21世紀末に向けて気候変動の影響のリスクは高まると予測されており、温暖化が進むにつれて、自然災害、農業、自然生態系、健康など様々な面で深刻な影響が生じる恐れがあります。
 気候変動の影響に総合的かつ計画的に対処するため、本年11月末に政府として初の「気候変動の影響への適応計画」を閣議決定しました。本計画に基づき、政府、地方公共団体、事業者、国民などの各主体が地域の特性を踏まえてその対策に取り組んでいくことが重要となります。
 本シンポジウムでは、気候変動による地域への影響や実施されている対策を紹介し、九州地方・熊本県において今後どのような対策を進めていくべきか、一人ひとりにできることから考えます。

日時 : 2016年1月22日(金) 13:30~16:30
場所 : くまもと森都心プラザ 5F プラザホール (熊本県熊本市西区春日1丁目14番1号)
内容 : 講演「気候変動による影響と適応について」
        「地球温暖化と水害、その対策」
     パネルディスカッション「地域から考える気候変動問題」
定員 : 120名程度
参加料 : 無料
お申し込み : https://ssl.form-mailer.jp/fms/5362ad82403938
お問い合わせ : 環境立県推進課 環境活動推進班
           TEL/096-333-2264
 
クリックで救える命がある。

2016新春海ごみシンポジウム(国内シンポジウム)

日時 : 2016年1月24日(日) 9:00~17:00
場所 : 東京海洋大学品川キャンパス 大会議室 (東京都港区港南4-5-7)
内容 : 「番組製作サイドから見た海洋ごみ問題」
     「荒川でちょっといいことゴミ拾い ~市民活動の取組みと川ごみの現状~」
     「海洋ごみに取り組んで26年、対策に向けたNGO/NPOの役割」
     「海洋環境保全への業界団体の取り組み ~LOVE BLUE 地球の未来を~」
     「陸域・海域一体となった海ごみ対策」
     「近年における沖縄県の漂着ごみ対策」
     「日本周辺沖合海域における漂流ゴミの現状」
     「洗顔料や歯磨きに含まれるマイクロプラスチックの問題について」
     「生分解性プラスチックの現状と課題」
     「イオン(小売り)が取り組むプラスチック対策」
定員 : 350名
参加費 : 無料
お申し込み : 2016 新春海ごみシンポジウム事務局 (担当/鈴木 様)
         FAX/03-3486-7128、E-mail/water-marine@arts-crafts.co.jp
         件名「2016 新春海ごみシンポジウム」聴講希望、氏名、勤務先・所属先等、電話番号、
         参加希望シンポジウム(国際シンポジウム、国内シンポジウムの別、双方の聴講も可)
         を明記。
         2016年1月21日(木)必着
お問い合わせ : 同上

※マイボトルをご持参いただくなど、ごみの削減に御協力願います。(会場にごみ箱はありません)
※会場周辺での昼食は大変な混雑が予想されます。事前の御準備をおすすめします。
 
クリックで救える命がある。

2016新春海ごみシンポジウム(国際シンポジウム)

日時 : 2016年1月23日(土) 9:00~18:00
場所 : 東京海洋大学品川キャンパス 大会議室 (東京都港区港南4-5-7)
内容 : 「世界の海洋プラスチック汚染の現状と課題」
     「UNEP及びNOWPAPにおける海ごみ対策」
     「韓国沿岸環境における海ごみ及びマイクロプラスチック」
     「中国の2潮間帯における堆積物におけるマイクロプラスチックの現地調査」
     「ロシアにおける海ごみ問題の現状と対策」
     「オーストラリアにおける海ゴミ問題の現状と課題」
     「日本周辺における漂流ゴミの現状」
     「海ごみ問題:この地球全体の環境問題の解決策はあるのか」
     「海ごみのモデリングと観察の統合:理解とアプリケーションにおける最近の進歩」
     「カナダにおける海ゴミ問題の現状と課題」
     「日本のマイクロプラスチックス汚染研究の現状と今後」
定員 : 350名
参加費 : 無料
お申し込み : 2016 新春海ごみシンポジウム事務局 (担当/鈴木 様)
         FAX/03-3486-7128、E-mail/water-marine@arts-crafts.co.jp
         件名「2016 新春海ごみシンポジウム」聴講希望、氏名、勤務先・所属先等、電話番号、
         参加希望シンポジウム(国際シンポジウム、国内シンポジウムの別、双方の聴講も可)
         を明記。
         2016年1月21日(木)必着
お問い合わせ : 同上

※マイボトルをご持参いただくなど、ごみの削減に御協力願います。(会場にごみ箱はありません)
※会場周辺での昼食は大変な混雑が予想されます。事前の御準備をおすすめします。
 
クリックで救える命がある。

CISEサイエンス・フェスティバル2016inチ・カ・ホ

~生きものたちの北海道~

 CISEサイエンス・フェスティバルにおいて、北海道に生息するマルハナバチの紹介を通じて生物多様性への理解を深めるとともに、特定外来生物に指定されているセイヨウオオマルハナバチがもたらす問題点を周知し、駆除活動への参加を呼びかけます。

日時 : 2016年1月23日(金) 12:00~18:00、
             24日(土) 10:00~15:00
場所 : 札幌駅前通地下歩行空間「北大通交差点広場(東・西)」 (北海道札幌市中央区)
内容 : トランクキットの展示、ポスターの掲示など
 
クリックで救える命がある。

ニセビロウドカミキリ ♂

Acalolepta sejuncta ssp. sejuncta
1ニセビロウドカミキリ♂1

1ニセビロウドカミキリ♂2

1ニセビロウドカミキリ♂3

1ニセビロウドカミキリ♂4

1ニセビロウドカミキリ♂5

1ニセビロウドカミキリ♂6

1ニセビロウドカミキリ♂7

1ニセビロウドカミキリ♂8
 
クリックで救える命がある。

2015年11月の畜肉類食事回数

牛肉4回
羊肉2回
豚肉3回
鶏肉2回
鶏卵4回
 
クリックで救える命がある。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて7年7ヶ月。
責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR