ブログを始めて10年7ヶ月。お前俺の飼い主ならば俺の体俺より管理しろ家の外に出してはいけない飼えない数を飼ってはいけないニャーン

日本有機農業研究会と農都会議の共催シンポジウム ~農のあり方を考える~

世界の潮流「小規模・家族農業」と日本

 現在、世界の食料の8割が小規模・家族農業によって生産されているが、急速な市場のグローバル化の進展で、小規模・家族農業は危機的状況に置かれている。
 しかし、小規模・家族農業が、持続可能な農業の実現には、実は最も効率的だという評価がなされるようになり、国連食糧農業機関(FAO)は、「家族農業以外に持続可能な食料生産のパラダイムに近い存在はない」との認識の下、家族農業を中心とした計画の実行に取り組んでいる。
 2017年12月には、国連総会で「家族農業の10年 2019-2028」が採択。その日本でのサポーター組織「小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン」(SFFNJ)を立ち上げた、愛知学院大学経済学部准教授関根佳恵氏を迎え、農のあり方を考えるシンポジウムが開催される。

日時 : 2018年3月11日(日) 14:00~16:00
場所 : 國學院大學渋谷キャンパス2号館 2102教室 (東京都渋谷区東4-10-28)
内容 : 講演「国連『家族農業の10年』と農政パラダイムの転換 ~小規模・家族農業の可能性~」
    質疑応答・議論
定員 : 80名
参加費 : 1000円 (学生/500円)
お申し込み : https://ssl.kokucheese.com/event/entry/507268/
お問い合わせ : NPO法人農都会議食・農・環境G
       E-mail/t_sono@d1.dion.ne.jp
スポンサーサイト



クリックで救える命がある。

鹿丼

材料
米(北海道産)
エゾシカの薄切りバラ肉(北海道産)
タマネギ(北海道産)
ニンニク(中国産)
ダイコン(北海道産)
小ネギ(高知県産)
紅花油(オーストラリア産)
コショウ(ブラジル産)
醤油(小豆島産)
みりん(国内産/三州味醂)
砂糖(ブラジル産)

作り方
1. タマネギとニンニクを薄切りにする。
2. 小ネギを輪切りにする。
3. ダイコンをおろす。
4. 1を色が付くまで油で炒める。
5. コショウと鹿バラ肉を加えて火を通す。
6. 醤油25ml、みりん25ml、砂糖25ml、水25mlを加える。
   鹿肉はしっかりと火を通す。
7. ご飯をよそって、6、3、2をかける。

P1630511.jpg
野性味と噛み応えがある。
 
クリックで救える命がある。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて10年7ヶ月。お前俺の飼い主ならば俺の体俺より管理しろ家の外に出してはいけない飼えない数を飼ってはいけないニャーン

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
u_o_s_b_107_1.jpg u_o_s_b_107_1.jpg 動物の愛護と適切な管理
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR