ブログを始めて7年7ヶ月。責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

地球温暖化と大気汚染による影響軽減に向けたあらたな取り組み

-短寿命気候汚染物質の影響評価とその削減対策-

 様々な人間活動によって排出される大気汚染物質のうち、黒色炭素や対流圏オゾンなどの大気中の滞留時間が短い、「短寿命気候汚染物質」(Short-Lived Climate Pollutants:SLCP)は、健康被害のみならず地球温暖化を引き起こします。二酸化炭素などの長寿命な温室効果ガスに比べるとその削減は比較的容易で、削減効果もすぐに現れるために、地球温暖化対策の新たな手法として、国際的な取り組みが始まりました。日本においてもこの課題の取り組みの一環として、平成26年5月から、環境省環境研究総合推進費S-12プロジェクト(SLCPの環境影響評価と削減パスの探索による気候変動対策の推進の研究)を開始しましたので、第一年目の研究成果について、国民の皆様へご紹介することを目的としたシンポジウムを開催します。

日時 : 2015年1月29日(木) 13:00~16:00
場所 : 東京大学福武ホール (東京都文京区本郷7-3-1)
内容 : 「短寿命気候汚染物質の削減がもたらす気候影響と環境影響」
     「アジアにおける大気汚染の特徴を数値シミュレーションで理解する」
     「大気汚染物質の排出量推定を目指して -東アジアにおける観測データからの逆推計-」
     「アジアにおける温室効果ガスと短寿命気候汚染物質の排出削減の可能性」
     「数値モデルを用いた浮遊粒子状物質(エアロゾル)による気候変動の評価」
     「大気汚染物質曝露による健康被害の推定」  
     「全球規模陸域水循環モデリングの最前線
       ~将来起こりうる大渇水に人間活動はどのように影響するのか」
定員 : 200名
参加費 : 無料
お申し込み : 一般公開シンポジウム事務局 (東京大学大気海洋研究所)
         E-mail/s12_staff@aori.u-tokyo.ac.jp
         お名前(ふりがな)、ご所属を明記。
         1月16日(金)まで
お問い合わせ : 一般公開シンポジウム事務局 (東京大学大気海洋研究所)
           TEL/04-7136-4401、E-mail/s12_staff@aori.u-tokyo.ac.jp
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/10 08:47)

文京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて7年7ヶ月。
責任持ってやってるじゃないですかぁ。なんていう、君はぁ、無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。だからなんで無責任だって言うんだよ。撤回しなさい!しなさい!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR