ブログを始めて8年6ヶ月。 福井犬坂井市内の動物飼育施設で一時約400匹の犬や猫が過密状態で飼育、繁殖されていた問題で、「乱暴な扱い」と指摘されている給餌方法について、福井犬幹部は13日の犬議会予算決算特別委員会で「動物

自然保護講演会「ヒグマの遺伝的多様性と移動の歴史」

日時 : 2017年5月20日(土) 15:30~17:00
場所 : 北大クラーク会館 大集会室 (北海道札幌市北区北8条西8丁目)
内容 : ヒグマは北半球に広く分布する森林性の食肉哺乳類ですが、日本列島では北海道のみに生息し
   ます。この北海道のヒグマのグループ間関係に関して、遺伝子分析を通して、興味深い現象が明
   らかになってきました。本講演では、最近、少しずつ明らかになってきたヒグマのふるさとや移動の
   歴史などに関する自然史研究をご紹介いただけます。
入場料 : 無料
お申し込み・お問い合わせ : 一般社団法人北海道自然保護協会
             TEL/011-251-5465、FAX/011-211-8465
             E-mail/info@nc-hokkaido.or.jp
 
スポンサーサイト
クリックで救える命がある。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨハン

Author:ヨハン
ブログを始めて8年6ヶ月。福井犬坂井市内の動物飼育施設で一時約400匹の犬や猫が過密状態で飼育、繁殖されていた問題で、「乱暴な扱い」と指摘されている給餌方法について、福井犬幹部は13日の犬議会予算決算特別委員会で「動物の取り扱いは難しい。首根っこを持つことがかえって動物にとって逆にいい部分があるのではないか」と述べた。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
リンク
エコピープル u_o_s_b_107_1.jpg u_o_s_b_107_1.jpg
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
管理
QRコード
QR